本文へ移動
インコネルってどんな材料?その1
~ハステロイとの違い~ 
 
インコネルとハステロイってどう違うの?
てつお「今日はインコネルについて調べているよ!」
 
てつこ「そもそもインコネルが何かは知ってる?」
てつお「インコネルはスペシャルメタルズ社(Special Metals Corporation)(旧インコ社・International Nickel Company)の商品名でニッケルをベースとして、鉄、クロム、ニオブ、モリブデン等の合金元素量の差異によって600、625、718、X750などに分かれているんだ」
 
てつこ「ちゃんと調べてきてるのね!」
てつお「だからニッケルが主成分の新素材っていう事まではわかったんだけど…」
てつお「ハステロイとの違いがよく分からないんだ。どっちも、ニッケルがベースの合金にクロム、鉄、モリブデンなどを添加して耐熱性や耐食性を高めたものってなってるし…」
 
てつこ「そうね。どちらも耐熱・耐食合金なのだけれど、中でも何を重要視するかで違いが出ているわ」※1
てつお「・・・と言いますと?」
 
てつこ「インコネルは主に高温下での機械的特性ハステロイ耐食性に重きを置いているわ」
てつお「なるほど~!」
てつお「・・・ところで機械的特性って?
 
てつこ「機械的特性っていうのは、引張強さや展延性、クリープ強度などの強度、硬度、靭性、疲労や衝撃、応力腐食割れ耐性なんかの学的特性の総称の事で、材料加工のしやすさや、加工された工業製品の耐久性の尺度になるわ」
てつお「つまり、おうちに例えるなら、酸性雨に晒される屋根や壁はハステロイで、物理的な負荷がかかる柱なんかはインコネル…みたいなイメージ?」
てつこ「冴えてるじゃない!そういうことよ!」
てつお「でも、ぱっと見は同じ様な成分だったけど、どうしてそんな差が出るの?」
てつこ「クリープ強度や高温強度はこの前教えたから、分かるわよね?」
てつお「うん!それからハステロイは、クリープ強度が特別強いわけではないから、構造材に向かないって話だったよね」
 
てつこ「インコネルはハステロイと比べて、クリープ強度高温強度が高くなる成分が含まれているの」
てつお「ふむふむ」
 
てつこ「有無や内訳は種類によっても異なっているけれど、アルミやニオブを添加することで靭性を高めて、ニッケル含有量を増やす事クリープ強度向上させているそうよ」※2
てつこ「それから、アルミやチタンを添加する事で、高温強度がアップするわ」
てつお「おおー!!」
てつお「ハステロイの方が耐食性に優れているのはどうしてなの?」
 
てつこ「それは、モリブデン含有量の違いね。ハステロイはインコネルに比べて、モリブデンを多く含んでいるの」
 
てつこ「その為、インコネルの中でも、モリブデン含有量の多い625はハステロイに近い性質を持っていると言えるわ」※1
てつお「少しの成分の差で、こんなにも違いが出るんだね!」
 
てつこ「そうね。それからインコネルとハステロイでは、ハステロイの方が溶接性に優れているっていう違いもあるのだけれど・・・」
 
てつこ「溶接はうちの専門分野ではないから、割愛するわね
てつお「より高温になったり、物理的な負荷がかかり続けるようなものにはインコネルより耐食性を必要とされるものや、溶接のしやすさを求めるものにはハステロイって事だね!」
てつこ「そういう事ね!」
※2 間違った意味に取れる文章となっていた為、文章の組み立てを修正しました。(2021.06.01)
※1 参考先や調べたデータに基づく筆者の意見です。
※ 本ページに記載の内容は、2021/5/11時点での調査結果に基づき執筆されたものです。
 
 
けんさくの補足説明
 
  けんさく
てつこさんの話にもありましたが、インコネルの中にもハステロイに近いものがあり、またその逆パターンも存在しておりますぞ。
インコネル652の他には617725なんかもモリブデン含有量が多めになっておりますぞ。ハステロイだとXが成分的にインコネルに近いですぞ。
また、敢えて触れておりませんでしたが、ハステロイの同等品となるN06230C-276なんかもあるので、その辺はコストや納期なんかでどちらを使うか選択する事になりますな。
それから、インコネルは溶接が難しい材料ではありますが、溶接できないわけではないですぞ。また、インコネルの中でも、種類によって溶接の注意事項なんかが変わってくるのであります。
我々が難削材の加工に取り組んでいるように、溶接の分野でも技術者達が難しい溶接に取り組んでいるわけですな。
そして、てつこさんも言っているように、この分野に関しては我々の得意分野ではないので、さらっと流して、製品紹介に誘導したいというのが筆者の本音ですぞ。

     
     
       
株式会社小坂鉄工所
〒457-0802
愛知県名古屋市南区要町
4丁目26番地
TEL.052-611-5456
FAX.052-613-2381


■航空宇宙精密部品加工
TOPへ戻る